ひびきつね

困った事を備忘的に書いたり副収入が欲しくて試行錯誤します

AMZNとCUREを購入

 米国株のアマゾン・ドット・コム(AMZN)と、海外ETFのDirexion デイリー ヘルスケア株 ブル3倍 ETF(CURE)を購入しました。

 さんざ低コストのインデックス投資を長期保有が最適解とブログ記事や書籍を読んでおきながらなぜ個別株を買ってしまったのか。なぜレバレッジETFを購入したのか。

 

 

AMZNとCUREを購入

 S&P連動の商品をバイ&ホールドすればリターンが報われたように、レバレッジETFはボックス相場では価値が漸減しますが市場が成長しているなら超長期保有であればプラスリターンを得られるという記事を見たので購入しました。

 でもその市場の成長率が何%必要なのかは分かっていませんが。経費率も高いので微々たる成長ではダメなんでしょうね。

 

 アマゾン一株高いですね。CUREが1株60ドルなのにAMZNが1990ドルとかでびっくりしました。いまは1ドル111円なのでちょっとお試しに買おうかな~程度の気持ちでしたが簡単に手を出せない金額でした。

 アマゾンは割高とか、いやなになにを調整すれば妥当だとかありますがまだ数値の意味がわかっていないです。指数の意味や分析は自分なりにするつもりですが理解してから購入するともっと金額が上がっていそうなので先に買ってしまいました。

 ワンタップバイのアプリでAMZN購入できるようですが手数料はやはり高くつくようだし少額投資が2倍とかなっても何か意味があるのか?と疑問だったのでえいやと購入しました。

  

 株の購入手数料もかなり痛いよね~と感じます。しかも日本円からドル転するのに為替手数料もある訳ですし。やっぱり円貨決済ではなく纏まった金額でドル転方が安くつくんでしょうね。

 インデックス投資を推奨する本で何度も繰り返しコストについて言及していましたが体験してみると身に沁みますね。個別株の約定毎に手数料が取られてしかも株価の下落リスクがあるなら信頼と実績のあるS&P等の指数に連動する商品の方が遥かに良いですよ。

 

 勉強代として失敗をしたい

 今回は勉強代だと思っています。失敗すれば痛い金額だけど致命的な金額ではないし、損しても勉強だと割り切っているので心理的な負担も少ないかなと。

 やはり本だけを呼んでも分からない部分があるんですよね。手数料とか0.45%とか数値を見ても「そうなんだ」で何も感じませんが8ドル掛かるのは痛いなと感じました 。

 長期保有で暴落した時にこそ買うべきだ、というのは分かりましたが暴落して損が出ていてでも資金を手元に確保しないといけない状況でどうせ株価はもとに戻るんでしょ~と放置していても良いのか。

 

 今の私の頭の中って信頼できそうな誰かが言ってる人達が同様の事を言っているからその案を採用する、というお粗末な考えですからね。

 だからダメだと言われている事もある程度失敗する事は大事だと思っています。人間歴史から学ぶなんてできないんですよね。それがどれだけ有望で堅実であっても誘惑からは逃れられない、と社会生活を送って感じますね。だから体験する事が大切だと考えて小さく色々なことを1年目は経験するつもりです。

 実際に為替なんて今まで意識した事はありませんでしたが1ドルいくらか意識するようになりましたし良い経験です。

 

本家のVTIも欲しいですがノーロードの楽天VTIはかなり優秀なんだなと実感できました。

ではまた。

個人年金を元本割れで解約してその分をiDeCoへ積み立てるか悩む

随分前に加入した明治安田の個人年金に加入している。

月々1万円を拠出して年12万円の払込。元々は母が私のためにと加入し払っていたが、働き始めてからは自分で支払いをしている。

 

つみたてNISAの開設も終わり、いまはiDeCoの審査待ちとなっているが個人年金を解約しようかと最近考えている。

というのも、iDeCoは拠出した全額が所得控除になるのに対して個人年金は いくら払おうが上限は4万円にしかならないからだ。差額の8万円は全く無駄になる。

ただいま中途で解約をすると元本割れをしてしまうのでどうしようか、というところ。

 

f:id:kitune789:20180911204502p:plain

 

いま解約をすると大体7万円弱の元本割れが発生する。が、即時解約した方がよくないか?

私の所得はスズメの涙なので所得税率10%として地方税10%を合わせた個人年金の節税効果は所得税4,000円+住民税2,800円=6,800円となる。

もし12万円が全額控除できるiDeCoへ運用を回すと、所得税12,000円+地方税12,000円=24,000円が節税されてその差額は17,200円になる。今は17,200円を毎年溝に捨てているのと同じ状態ということだ。(ドブとミゾって同じ漢字なんだ・・・)

これを元本が回収できる2027年まで待ってしまうと17,200円*8年=137,600円が無駄になる。これはいまの元本割れを考慮してもすぐに解約するべきだね。

しかもiDeCoは運用益が非課税でその運用率も保険会社が運用するよりも高いだろう。

 

私は第1号被保険者なので月額68,000円までiDeCoで積立ができるが何分お金がない・・・。悲しみ。個人年金にまわしていた分をiDeCoに回そう。

個人年金(保険も)は控除の計算方法が特殊なので、それらに加入するなら開業届を出して小規模企業共済に入っていた方が全額所得控除になるし運用率も良いよね。

 

でも積立NISAといいiDeCoといい、金融庁も頑張ってんだな。

いや、金融庁なのかな・・・わかんないや!

 

そんな雑記でした。

【楽天】つみたてNISAは分配金受け取り方法を分けることで別ファンド扱いになる

 

楽天証券を使っているのですが口座残高300万or月々の取引回数が30回になるとスーパーVIPになるようです。昇格すると取引する毎に3ポイントを貰えるそうなので設定をいじってました。(3ポイントもらえるのはVIPからですが折角なのでスーパーVIPを目指してみました)

 

参考:

楽天証券100円投資信託積立を利用したウラ技(楽天銀行ハッピープログラムスーパーVIP達成と3%ポイントゲット)を紹介します - 1億円を貯めてみよう!

楽天証券&楽天銀行のハッピープログラムでポイントをザクザク貯める方法 

 

参考リンクには投信積立を30本設定するなどありましたが、そんな何種類も設定したくない+つみニーで毎日購入できるので少し工夫しました。

どちらの楽天VTIですが分配金のコースを再配当型と受け取り型で分けています。

こうすることで楽天側の処理が変わるので別ファンド扱いとなるようで、同じ投信で積立することができました。

f:id:kitune789:20180910221907p:plain

受け取り型だと複利効果が働かないんじゃないかと思いましたが、再投資型はそもそも課税される+インデックスファンドは無分配が多いのであまり関係ないっぽいです。

設定しておいてナンですが見てくれ悪いので戻そうかな。。。

 

ちょっと分配金についてもまだ理解が足りないですねえ。

投資信託における無分配型と分配金再投資型の違い | つみたて次郎の貧乏投資日記

つみたてNISAのために楽天VTIを採用しましたが、余剰資金が出たら本家のVTIというか別のETFとか購入したいですね。

 

う~ん、個人年金のこととかちょっと色々見直さないといけない事がありますね。

知識を付けなければ。

つみたてNISAで楽天VTIを毎日積み立てます

やっと重い腰を上げてつみたてNISAの申し込み~積立設定まで終わりました。

8月中に投資するとか言っていた気がしますが結局9月に入ってしまいましたね。

楽天VTと楽天VTIで迷ったのですがより経費率が低く、パフォーマンスも少しだけ良い楽天VTIを選びました。つみたてNISAは20年なので20年ぐらいなら米国がまだまだパフォーマンス良いかな~程度の考えです。

比較のためにVTとVTI半々で購入しようかとも思いましたが、都度都度にVTとVTIのパフォーマンス比較すれば良いだけでわざわざ手間を増やす必要もないかなと。

 

iDeCoの方は年金機構?で審査待ちの状態です。1、2ヶ月ぐらい待機期間があって審査に問題がなければ加入できるようです。ちょっと審査長すぎますね。

 

ETFもボチボチ購入しようと思っていますがレバレッジETFのSPXLかCUREを購入しようと考えています。普通のETFも購入するつもりですが。

 

個別株も少し買うつもりです。アクティブ運用はインデックスにほぼ勝てないのは書籍を読んで知ってはいますが勉強になりそうなので。

 

あと小規模企業共済入っていたのを解約しようと思います。廃業届けは以前に提出済みなので共済A該当して支払った時より多い金額で戻ってくるはず。

小規模企業共済もよくある節税対策ですがいまはiDeCoがあるのでそちらで運用益非課税と退職所得控除を受けた方がメリットが大きいと思いました。節税よりも運用した方が良いのでは・・・?という考え。

結局は利益(所得)の繰り延べでしかないので所得が上がり続けるならあまりメリットもなさそう。まあ加入するのは楽なので考えを整理して検討します。でも年84万を共済に任して運用するより自分で運用してふるさと納税でもしてた方が良い気がするんだよねえ。

 

 

勉強になる

まだまだ知識補充中なのです。

 

投資の勉強をはじめて(といってもまだ実行に移してない)から色々と勉強できて面白い。

まだ数冊しか本を読んでいないが大体はインデックス指数に沿ってドルコスト平均法で運用するのが良い、一気に資産を入れるのは暴落時の損失が危ない、アクティブ運用はインデックス指数に勝てない、的なところでして。

じゃあ本に書いてある通りに毎月積み立てで長期投資すれば良い、というのもきちんと中身を理解しないといけないなと。

そもそも一気に資産を投資できるような状況というのが、

・退職金が入った

・相続した

・借り入れをして投資につぎ込む

辺りがすぐに思い浮かぶが自分はどれにも該当しないし、最後の借り入れなんか個人ではせいぜい住宅ローン組むのが精一杯で銀行から借り入れなど一般社会人はできない。融資を受けられるのはそもそもある程度金銭が手元にある人だけだ。

となると社会人が取れる手段は毎月か各月かなどの一定の期間にコツコツと投資することであって、それは自然とドルコスト平均法となる。

 

ただ、成長していく市場が分かるのならわざわざ資産をドルコスト平均法で積み立てるのは機会損失を産む。ドルコスト平均法は成長していく市場において損失額を最低限にするだけで、毎月拠出した金銭自体は暴落時に一括投資した場合と同様に落ちる。

投資しないのはインフレリスクがあると言うけれど、自分の意見を持たずにインデックスが良い!というのは機会損失を放置しているように思う。

 

んまあ、サラリーマンにはあぶく銭が入らない限り関係ないんだろな。

結局は暴落しても良いような資金で運用して最適なポートフォリオを作り、第三次世界大戦が勃発しないことを祈るのみですかね。

 

 

media.rakuten-sec.net

 

media.rakuten-sec.net

 

なんか基礎的な金融や経済の知識が抜けてるんだけどどこで学べば良いのだろうか。

投資本を少しずつ読む

まだまだ引き続き知識の蓄え中で投資本を読んでいます。

読書の仕方や速読の本だったか何に書いてあったかは忘れましたが、未知の知識を蓄えるためには簡単な入門書を1,2冊とより詳細な本を何冊か読むことで定着率がかなり良くなるようです。

考えてみれば当たり前ですが、まずは入門編の上っ面でも良いので簡単な内容で流れを抑えてから細部に取り組んだほうが分かりやすいですね。

私は絵を嗜みますが、描く際も同様で大まかなアタリをつける→細かいディティールを詰めるという流れが通常です。細かいところから先に詰めてしまうと部分的に粗密ができたりバランスが悪くなってしまいます。

 

投資本も同じように読んでいます。

最初はコンビニで売っているような薄い本や漫画形式のものを読みました。

いまは橘玲さんの著作を読んで(再読して)います。

「臆病者のための株入門」と「臆病者のための億万長者入門」はともに良書だと初心者ながら思います。

来月にはVTIをコツコツ積み立ててつつ個別株の勉強もするつもりです。

アクティブ運用がインデックスに変えてないのは本を何冊か読んで分かりましたが実学?を通して勉強することで知識も深まりますからね。

あとSPXLも色々言われているようですが少しだけ買って放置しておくつもりです。

まだまだ不明なことだらけで金利とか為替もどう関係するのかとか分かりませんね。。。

 

終わらない知識の蓄え

一ヶ月以上前からコツコツと投資の本を読んでブログも読み漁っているけど不明な知識・用語が多すぎて何が最適なのか分からないですね。

とりあえず今年は積立NISAで上限まで積み立ててiDeCoも積み立てて・・・

わたくし実は第1号被保険者なので第二号保険者である普通の会社員と比較すると加入できる金額が大きいんですよね。もう1号被保険者って時点であっ(察し)って感じなんですが。

所得はすげー低いのですが金銭的に無理すれば月々の上限いっぱいまで積立可能だとは思います。ただiDeCoは資金拘束力が強いのであまりギリギリまで運用すると今度は自由に使えるお金が無くなっちゃうんですよね。

そうなると他の勉強≒知識の蓄えができなくなってしまいます。個別株とかも触ってみたいんですよね。敗者のゲームとかを読んでインデックスが無難なのは知っていますが、その間知識も増やさないと預けてる財布の中身が他者と比較して有利なのか不利なのかも分からないお馬鹿さんになっちゃうと思うんですね。というか現状がそうなんですが。

 

自分はいままで節税の方に意識が行っていたので小規模企業共済の所得控除とふるさと納税、あとは青色申告の65万控除とかやっているのですよ。

税法は読めば簡単なのは分かりますがこれ以上の知識の蓄えはいらないかな~と。

そうすると運用で増やす方の見識を身に着けないといけないんですな。自分は他人より所得低いのと離職していた時期があるので貯蓄も少ないんですね。

なんとかリテラシー向上させて良い人生歩みたいですな。

土地の譲渡とかでない限りは普通に確定申告できるので税理士に依頼する必要もないですし。とにかく資産運用したいですな。

とにかく1年目はじっくり勉強です。

遅くても8月中につみたてNISAとiDeCoの積立をやりはじめます。

 

 

結局なにも進歩ないというブログ更新でした。